いつもブログを見て頂きありがとうございます。

軽井沢学園の日常は、忙しく過ぎていくことが多いので、年末年始は在園児童と一緒にコタツでお茶をしながら、ゆっくり過ごしました。子ども達とゆっくりした時間や場所を共有することも大切なのだと改めて感じることができた年末年始であったと思います。

帰省していた子ども達も帰園し、子ども達の楽しく遊ぶ声が響き、賑やかな学園です。氷点下の寒さなど気にせず、外で元気よく遊んでいる子ども達や野球の練習をしている子ども達を目にすると「子どもの達の体力、気力は底知れないなぁ。」としみじみ感じ、「大人も負けていられないな!」と思わされます。

子ども達は冬休みが終わり、3学期に入りました。元気よく登校していく子ども達の後ろ姿を眺めながら、「私も子ども達が頑張っているから、今日一日頑張ろう!」と思えます。

今年も、子ども達も、職員共に、体調を崩さず元気よく過ごしていきたいです。

文:保育士 笠井